適当に決めてない?イベント出展するときに最低必要な商品数

こんにちは、ハンドメイド作家のくろなぎしづかです。

さて、前回イベント出展に掛かる費用のお話しをしました。
まだお読みでない方はこちらを先にどうぞ
[blogcard url=”http://96nagi.net/tips/117”]

結構かかるなーと気づいていただけたと思います。

今回は、商品数のお話しです。
image
イベントに持っていく商品数は、
単純に考えれば、多ければ多いほど良いような気がします。
でもね、沢山作るのも、持っていくのも大変!

出来れば、少し余るくらいの適量がいいですよね!

先輩作家さんに聞いてみよう!

Twitterにて、アンケート実施いたしました!
総勢51名の方にご参加いただきました!感謝!

結果は…
51~100個持っていくと答えた作家さんが38%!
次が31~50個で27%でした!

~30個 24%
31~50個 27%
51~100個 39%
100個以上 10%

商品の内容にもよるとおもいますが、50%に近い方が50個以上作られるようです!
[blogcard url=”https://twitter.com/sxs_sugar/status/743389240151539712”]

で、何個持っていけばいいの?

image
作っている作品の値段や目的によって変わってきますね。
順番に考えていきましょう。

目的を決める

  1. たくさんの人に持って帰って欲しい
  2. たくさんのお客さんの意見を聞きたい
    3.赤字だけは回避したい

1 『たくさんの人に持って帰って欲しい』が最優先の場合、
赤字でもたくさんの方に手に取って欲しいなら、0円での配布が良いと思います。
来場予定数が公開されているので、そのうち何割くらいの人の配布したいか考えて決定しましょう。

2 『たくさんのお客さんの意見を聞きたい』ならアンケートを行って、
回答者にプレゼントなどおわたしできれば協力してくださる方も増えて良いですね♪

3 『作品を販売して赤字だけは回避したい』これが一番多いのではないでしょうか。
今回はこの3を基準にお話ししていきたいと思います。

赤字だけは回避したい

赤字を回避したい時は…赤字にならない量の商品が必要です!
あたりまえでしょ!と思っている方、何個売上までが赤字か、きちんと把握していますか?

この間の計算だと、出店に掛かる費用は最低8万円でしたので
1000円の商品だと80個必要です。
ですが、商品が少ないと売れなくなりやすいので、その1,2割多め100個あれば余裕がありますね。

この場合、81個目からが利益になります、結構たくさん必要ですよね。

高ければ高いほどいいってことでもない話

もし、1個5000円のアクセサリーやさんだった場合、
80,000円 ÷ 5000円 = 16個

16個売れればいいので、なんだかちょっと良さそうな気がします。
・・・といいたいところですが、ぱっと見て5000円の商品を買ってくれるお客さんはどれだけいるのでしょうか。
また、安いから売れる、というものでもありません。
まずは、素敵な作品をしっかりと作ることが大切ですね♪

始めは1日出店がおすすめの理由

前回、初めての時は1日がオススメですとお話ししました。
どうしてか・・・はこの商品数にあります。
2日出店しようとすると、2倍近く費用がかかります。
となると、赤字を回避するためには2倍近くの商品を作らなくてはなりません。
1000円の商品だと、200個です。
…200個、作れますか?

イベントの準備は商品だけでなく、梱包やディスプレイ、値札付けなどたくさんの準備が必要になります。
1個30分で作れたとしても、200個用意するには100時間。
毎日2時間ずつ作業したとしても休みなしで50日です!

ね、大変でしょ?なので、はじめは1日での出展がおすすめなのです。

何個作れるかも考えながら計算してみてくださいね♡

今日はここまで、くろなぎしづかです。

コメント一覧

コメントを投稿する

Your email address will not be published.


*